5fa16ef87f5cb5e58e2e7ee8f038e267
映画『にがくてあまい』のごはん日記

江田マキ役の主演・川口春奈さんインタビュー公開!

2016/08/10 19:16

9月10(土)、TOHOシネマズ新宿ほか、全国ロードショーとなる映画『にがくてあまい』。

容姿端麗なキャリアウーマンだが、「料理はできない、部屋は荒れ放題、私生活はだらしない」という、男に恵まれない独身女・江田マキを演じた川口春奈さんのインタビューを公開‼


――原作コミックの印象はいかがでしたか。


ありそうでなくて、でも、なさそうであるような。キャラが濃い登場人物がいろいろいるんですけど、それぞれ人間っぽいところがあったり、共感できる部分があったり。ただのコメディやファンタジーではない要素が詰まっていて、すごく面白かったです。 


――まさに、ありそうでなかった設定。それが同時にリアルだったりもしますね。 


日常生活をしていれば、いろんな気持ちに駆られる。仕事というものは楽しいだけじゃない。誰もがそういう想いを持ってると思うので、頑張って働く女性に対して、ちょっとでも勇気づけられるような女性像でありたいなと。いろんな表情を見せていけたらいいなと思いながら撮影していました。


――日常の中で人はいろんな表情を浮かべて生きているのだなと実感できました。そして、川口さんはとても美味しそうに食べますよね。 


ありがとうございます。(映画で出てきた料理は)実際、美味しいので、美味しい表情が自然と出ましたね。 


――マキが美味しそうに食べることは、マキと渚の関係性の上では大切ですよね。「作る人」と「食べる人」なわけですから。 


面白いと思いますね。女性だけが料理して、家事をやるわけでもなくて。いろんなかたちがあって当然だと思うので。ああいうかたちは、見ていて微笑ましかった。一緒になってお料理教えてもらったりする光景も、よいコンビ感だなって。


――あのふたりは、なぜ接近することになったと思いますか。 


お互い、本当に完璧な人じゃなかった。どこか自信がなかったり。コンプレックスがあったり。そういう人のほうが、人の気持ちも、すごくわかるんじゃないかなって。マキも、順風満帆そうに見えて、それなりの悩みがある。渚も渚で、いろんな葛藤を経験している。そうして出逢ったふたりはすごく合致する。人の気持ちがわかるから。だから近づけたんじゃないかなと思います。どちらかが、スーパー完璧マンだったら、また違うかたちになってたかも。 


――川口さん自身、いろいろなことを乗り越えてきたと思われますか。 


それはあると思います。でも、基本的にそこまで考えこみすぎないようにはしています。まあ、落ちるときもあれば、楽しいときもある。ほんと、人間っぽいなあって、思います、我ながら(笑)。 


――いいときもあれば、悪いときもある。 


みんな、そうだと思います。だからこの映画にも、どこか当てはまるところがあったり、ちょっと元気になれる要素があるんじゃないかなって。



――川口さんは、食べることは好きですか? 


大好きです。 


――マキならではの食べ方ってあると思いました? 


そんなに深い意味はなく、フラットに食べてましたけど。結構ガサツで、サバサバした役ではあったので、勢いがあって豪快で、でも憎めない。そんな漠然としたイメージが軸にあって、食べるところも、気をつけてはいましたね。


――憎めないところのある女性ですよね。 


ありました。演じていて、(これは)愛されるなって。この人間性って何だろう? なんで愛されるんだろう? って。決して完璧じゃないのに。弱いところもあるし。そういうこと考えながら、演じてましたね。


――川口さんにとって、食べることとは? 


(食べると)頑張れます。仕事だけではなく、いろんなことを。活力になりますね。元気も出るし。大事だなあって、あらためて思いますね。


――どんなものが好きですか? 


好き嫌いはなくて。でも、野菜が好きです。あとフルーツとか。その日の気分によっても全然違いますけど、(野菜は)もたれないし、いくら食べても身体に悪くないし、摂りすぎってこともないし。いいですね。罪悪感もないし(笑)。それでいて、お腹いっぱいになるし。


――料理はしますか? 


たまに。時間があれば。(主に)和食ですね。作るとなると、煮物が多くなります。それで(気持ちが)落ち着いたりもします。


――煮込んでる時間って、どんな感じですか? 


ずっと待ってます。こうやって、立って(笑)。待ち遠しい感じ。


――料理すると気持ちがリフレッシュしたりしますか? 


そうですね。何も考えないで済むから。逆に忙しいときとか、切羽詰まったりしてるときには、いい逃げ道なのかなと思ったりもします。でも、無理してやることでもないと思う。自分の気持ちに準じて、やりたいと思ったら、やればいい。料理に限らず、すべて、自分の気持ちに正直でいたいなと思っています。 


http://nigakuteamai.com/

取材・文:相田冬二

撮影:鈴木久美子


■川口春奈プロフィール

1995年2月10日生まれ、長崎県出身。雑誌「ニコラ」の07年度モデルオーディションでグランプリを受賞。同誌の専属モデルとしてデビュー。09年には、三井不動産の第13代リハウスガールに選ばれる。同年、「東京DOGS」(09)でTVドラマデビュー、P&Gパンテーンドラマスペシャル「初恋クロニクル」(10)でドラマ初主演。『桜蘭高校ホスト部』(12)で映画初主演を果たす。

その後、TVドラマ「放課後はミステリーとともに」(12)、「GTO」(12)、「夫のカノジョ」(13)、「探偵の探偵」(14)などに出演。映画では、『好きっていいなよ。』(14)、『幕末高校生』(14)、第66回ベルリン国際映画祭正式出品『クリーピー』(16)など多数出演。映画公開待機作に2017年2月公開『一週間フレンズ。』など。活躍の場を広げている若手女優のひとり。

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください